FC2ブログ

実家に帰る用事がありましたので、その用事が半分、ドリームチョイス半分の予定で実家に帰りました。
その時のお話を少ししていきたいと思います。
DDをお迎えしよう!と思い立ってからめっちゃネットで調べました。
スタンダードを迎えるか、いっそコラボモデルにするか、いや待て待てD'COORDも捨てがたくない?
そんなことを考えながら画面を見つめること数日。

ドリームチョイス、めっちゃ気になる。

という考えが頭ちらちら。
ヘッドの種類×3メイクパターンとのお話。
限定ウィッグやヘッドもあるよと聞いてますます悩む。
だがここで問題がある。
私がゆったり来店できるのは8月の2日だ。
思い立ったのは7月の上旬。
そうつまり、”電話予約は承っていない時期”なのである。
いざ意気込んで当日乗り込んだら予約いっぱいです、ごめんねてへぺろ。なんて展開も十分にあり得るわけで、
めっちゃ悩む。
ひとまず電話して聞いてみようと思ったのが7月の20日くらい。
初めに電話に出てくれたのはお兄さんだった。
ドリチョのこと聞きたいって言ったら担当に回します、っていってすごく優しそうなお姉さんに変わった。
遠方からくることを伝えて現在の予約状況を聞いてみたら、8月2日は空いているとのこと。
今現段階は大丈夫かと思いながら当日お迎えできるドールたちのお話も聞いた。
スタンダードかD'COORDがいればD'COORD。
当然ながら電話予約は無理だった。お姉さんは終始申し訳なさそうだったけど、わかってて電話したから別に気にしてない。
で、なんとか実家帰宅初日31日にほかの予定後回しにして秋葉のドルポに向かいました。
初めて降り立った空間にきょどりながら店内を見回し、D'COORDでお気に入りの子がいればその子お迎えしよー、なんて気軽に考えていたのだけれど、
店内どこ探してもいないの。
おかしいなぁ?って思いながらぐるぐるしてた。
そして見つけた。そりゃいねーわ。”完売”って札立ってたもん。
まじかって思わずぼーぜんとしたけど、逆を言えばドリチョにするしか選択しないよね、って腹が決まった。
さくっとカウンターに向かって8月2日の予約をお願いした。
おそらく電話のおねーさんと思われる人だったのですごく優しく丁寧に受けてくれてほっとしながらその日は一旦退却しました。
もともとボディはDDと決めてたのでちらっと見たヘッドの子たちを思い出しながらどんな子にしようかなぁと考えてその日は寝ました。


そして来る2日。この日は私をドール沼に引き込んだ彼是10年以上の付き合いのある友達に「頼むついてきてくれ。」と事前にお願いをしていました。
二つ返事でOKをくれた友達よ…ありがとう…。
友達と合流してドルポに向かいました。
向かってカウンターで出迎えてくれたのは先日のおねーさんではなかったけど担当のお姉さんもとっても優しかった。
早速始まったドリームチョイス。
はじめはドリチョのシステムだったり規約だったりの説明。
ふんふん、と思いながら聞いて「ボディはどれにしますか?」と聞かれたので、「DDのノーマル肌で!」と意気込んでいったらおねーさんちょっと困り顔。

お姉さん「ドリームチョイスのノーマル肌が在庫がなくて…。」

私「えっ。」

えまって、今日持って帰れないの?えまって、私関西から来てるの。送ってくれる?取りにこれんのだけどっ。
きょどってたらお姉さんがしばし考えて、

お姉さん「店頭在庫確認しますね。少々お待ちください。」

といってカウンターの奥へと消えていかれた。
え、どうしようと相変わらずきょどっている私に友人がのほほんと大丈夫じゃないかなー、と言ってくれ傍にいてくれたのはほんと心強かった。(小心者)
結果店頭在庫は有ってそれを使えることになったのでとてもほっとした。
そして次に言われたのがヘッド。
カタログを出されて、選んでくださいねーって言われた。
撮影不可なのでネットの情報がないのですごい悩むだろうなぁと思ってたんだが、私は非常に「限定」という二文字に弱い。
そして14ヘッドちゃんの画像をネットで見て可愛いと思っていた。
友人も限定だよ?と限定押し。
うーんとページをめくりつつも、「14番の子で!」とほぼ即決だったともう。
14番ちゃんはカウンターに緑の姫カットウィッグ被って微笑んでいるので見たい方はぜひそこをご覧ください。
ちなみに新作ヘッドの13・14はメイク一個しかなかった。
で、続いてウィッグのチョイス。姫カットにする!ってのは決めていたのだが、色は未定だった。
カウンターに並んでる見本の子たちをお姉さんが持ってきてくれて、これが○○色ですー。と教えてくれた。
また悩む。この色がいいかなぁうーんって唸ってたら

友人「それは買えるからドリチョ限定のにしなよ。」

私「せやな!(さっくり)」

と、いうわけでシルバーのウイッグにしました。
本当は真っ黒の姫カットにしたかったのだけれど、色移りの心配とか選べるのはちょっと青みが強かったりしたので、シルバーに落ち着きました。
そして瞳。
もともと紫が好きだったのもあって、実物見せてもらいながら割とさっくり瞳は決まりました。
多分ここまで20分くらいかなぁ。
ドリチョは40分の制限時間なので、ここから組み立てって考えたらそれくらいがベストなのかもしれない。
とはいえ、組み立ては担当お姉さんの腕の時間だしあまり関係ない?かも?
まぁ、SDのフルチョイスみたいに細かに伝えることとかもないので、全く無知の私でもこのくらいの時間で終わりました。
頭の中にお姉さんぽい感じなんて言うざっくりとした設定もあったから割かし早かったのかなぁと。
まぁ、あとはこのヘッドはMDDのが合うっていうのもあったから必然的に絞られたなぁと。
そんなこんなでお姉さんが組み立てしてくれている間は友達とのんびり話しながら待っていました。
そして、お待たせしましたとお姉さんが持ってきてくれた箱。
私てっきりトレーかなんかに乗せてとか、お姉さんが手でもって、とかそんなイメージだったんですがすぐに分かった。

私(こ、これがうわさに聞くお迎えの儀式か…!!!)
↑ちょっと意味わかんない。

なんかフルチョとかのレポート読んでると愛し子との初対面の時布に?くるまれてる?ドールをお姉さんが「ここからはご自身の手で~」とかなんとかそんなことをいうとかそんな話を耳にしてまして、
お姉さんが二枚くらいめくってくれたら「ここから先はご自身の手で~。」とあのネットでしか見たことないセリフを言われて感動した!
だがそれ以上にきょどっていた。(初心者)
おどおどしながら布をめくって、現れた私のDDちゃん。
まだウィッグかぶってないけど、もう可愛いとしか言ってなかった。
紫目めっちゃ可愛い!!
やや興奮気味であったけれどお姉さんは温かく見守ってくれました。ありがとうお姉さん優しい…。
そしてお会計。
追加でハンドだったり胸パーツだったり買ったのでそれも一緒にお会計。
こんな札束まとめて出したことないわ。って言いながら支払った。
そして大きなショップ袋を渡されて、「テープがついているほうが頭です。」と教えてくれた。親切…!
そのあとドールショップなりドールスタジオなり行きましたが、初めてのお迎えはなかなかに緊張した時間でした。
でも楽しかったし、メイク決まったのから選ぶって言ってもやっぱり自分オリジナルっていう特別感はすごくあった。
ドリームフィッターに関しては実はまだ頭開けてないのでどんなのかわかってない。
ネットの情報見る限り自分で取り出して元に戻せるのかって言われたらぶっちゃけ怪しいので…。
でもそのうちオッドアイにしたいとかいう欲望もあったりするから後日チャレンジしたいところである。

IMG_20170803_131610.jpg
↑この袋を持つ日が来るとはとなんか感慨深くて写メとった(笑)
って、思ってたより長くなっちゃったな!読みづらさ満点でごめんなさい(´・ω・`)
これからは完全オリジナルってわけじゃないけど自分オリジナルドールの芙百合ちゃんと仲良くしていくぞ!
と意気込んでさっそく服作ってるわけだが、この記事書くまでにスカートが仕上がらなかった。
次こそはちゃんとお披露目したいところである。
それでは今日はこんなところで。
少しでもドリームチョイスがどんなものか伝わったらいいなぁと思います。
すっごく伝わりにくいと思うけれども…!けれども…!!
最後に一言。
ドリームチョイスはすごく楽しかったです。オススメ!
スポンサーサイト
セーニ
Posted byセーニ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply